ビジネスで成功する秘訣 – <ポジティブになる方法>

ビジネスで成功するためには、常日頃の心掛けや行動が非常に重要です。

ビジネスで成功するための最短ルートとなるビジネスマインド、2つ目の

「ポジティブになる方法」

に関する動画講義です。

 

ビジネス成功者になる秘訣「ポジティブになる方法」に関する講義動画

ビジネス成功者になるための最短ルートの1つである、「ポジティブになる方法」について解説しています。

この動画から、ビジネス成功者へのヒントや気付きがあれば嬉しいです。

動画を参考に、「ポジティブになる方法」を理解して早速実践してみてください。

ビジネスで成功する秘訣 – ポジティブになる方法

※以下は動画の要約です。

 

ビジネスの成功法則

あなたにとって「ビジネスで成功する」定義とは、何でしょうか?

この答えは千差万別、人によって異なるでしょう。

会社の創業者であれば年商100億円

サラリーマンであれば年収1,000万円

を超えることを目標にしている人にとっては、その額に到達すればビジネスで成功を収めたと言えます。

また、

大企業で代表取締役等の要職に就任する

自動車や戸建・マンション物件等、憧れの物を所有する

時間・場所に拘束されずに自由に働く

それぞれの思いが果たせれば、ビジネスで成功したと言えます。

各人で成功の「目標値」が異なるのは当然ですが、

如何にしてその目標を達成できるのか、その「成功するための方法」は同じです。

よってビジネスで成功を手中に収めた人物は、ビジネスで成功する法則を理解し、日々実践しています。

ビジネスの成功法則を、あなたは常日頃から実践していますか?

 

「ポジティブ」とは

「ポジティブ」とは、プラス思考のことです。つまり、物事を肯定的な「前向き」の方向に捉える考え方を意味します。

「ポジティブ」な性格とは、嫌なこと・辛いことが起きても、常に明るく振る舞うことではありません。「ポジティブ」な性格の方でも、嫌なこと・辛いことがあれば、悲しんだり、怒ったりするのは当然のことです。

「ポジティブな」性格になるためには、始めにポジティブに対する誤解を解く必要があります。

では「ポジティブ」とは、どのような意味でしょうか?

「ポジティブ」の意味を説明する上で、良く用いられる例として、グラスに水が半分入っているのを見た際、

水がグラスに半分“も入っている”と考える。これがポジティブなプラス思考です。

一方で、水がグラスに半分“しか入っていない”と考える。これがネガティブなマイナス思考です。

「水がグラスに半分入っている」という事実には相違はありません。しかし、それを見る人によって見解が異なります。

ポジティブな人とネガティブな人の差は、実はこの相違を表します

つまり、「しか」「も」に変えるだけで、誰もが簡単にポジティブになれます。

 

“ポジティブな”マイナス思考とは

ここで別の視点から捉えると、現実(水がグラスに半分入っている)に対してどのように考えているか(半分「も」なのか、半分「しか」なのか)を冷静に見つめ、全てをありのままを受け入れることが重要です。

水がグラスに半分しか入っていない現実を目の当たりにした際、

・嘆き悲しむだけの人

・「さて、この先どうしよう」と考える人

この2通りに分かれます。

つまり、水がグラスに半分しか入っていないという逆境に直面した際に、「さて、この先どうしよう」と考えられる人は、その逆境を打破しようと肯定的に捉えているため、マイナス思考からポジティブに切り替えられる人物と言えるでしょう。

 

ビジネス成功者は誰もがポジティブ

ビジネスにおける成功者でネガティブなマイナス思考の性格の方は、皆無と断言しても良いでしょう。マイナス思考からは何も生まれないため、ビジネスで成功する可能性はありません。

よってポジティブなプラス思考は、ビジネスで成功するための最低条件と言えるでしょう。

いわゆるビジネスチャンスは、トラブルや問題が発生した時、その対処を試み解決する際に訪れることが多々あります。

ネガティブなマイナス思考で、その状況をただ嘆き悲しんでいるだけでは、ビジネスチャンスが訪れないどころか、何も問題を解決できず、何も生まれることはありません。

 

足を踏まれたら「ありがとう」

動画では、ポジティブなプラス思考になることができる、

“足を踏まれたら「ありがとう」”

について解説しています。

足を踏まれたら、普通は足を踏んだ相手に腹を立てたり、「痛い!」と声を上げたりしますが、間違っても「ありがとう」とは言いません。

そこで発想を少し変えることで思いも因らぬ効果が得られ、細やかかもしれませんが、ポジティブな気持ちになれるでしょう。

詳細は動画をご参考ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました